ストレートネックという言葉を聞いたことが […]

ストレートネックと頚椎ヘルニア

ストレートネックという言葉を聞いたことがありますか?

現代の人に多いといわれるこの症状、一体どんな状態なのでしょうか?

通常人の体を横からみると、ゆるやかなS字カーブを描いています。

正常な人の首は30度~40度前に傾いています。

首の傾きが30度以下となり首がまっすぐになった状態のことをストレートネックといいます。

昨今、スマホやパソコンの操作が日常生活の大半を占める生活がストレートネックの症状をひきおこしていると言われています。

ストレートネックの状態が長く続くと頚椎ヘルニアの原因にもなりえます。

頚椎ヘルニアの発症は、骨の老化がはじまる40歳代からだと言われています。

若いころからスマホなどの操作のしすぎで、ストレートネックの状態が長く続くと、頚椎ヘルニアの発症も早くなってしまう危険がありますね。

ふだんから姿勢に注意をはらって生活していきたいものです。